投資基本

つみたてNISAとは? メリットとデメリット

更新日:


2014年1月にスタートした「NISAとは別に長期投資(20年)用の「つみたてNISA」が2018年からスタートしました。

この2つの少額投資非課税制度はどちらか1つの非課税制度しか利用できません。さらに1人1口座のみしか申請できません。(※1年ごとに取引する口座を変更できる。)

どちらを利用すれば良いか悩ましいですがここでは「2018年1月にスタートしたつみたてNISA」について説明します。

ご参考になれば幸いです。

つみたてNISAの概要

つみたてNISAとは

・2018年1月から新たに始まった「つみたてNISA」は少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度になります。

・つみたてNISAの対象商品は、金融庁の厳しい基準をクリアした公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されております。

・NISAと同様に毎年の非課税投資枠から得た利益・分配金にかかる税金はゼロとなりますが、非課税投資枠が年間40万円で、投資期間が最長20年という点で異なります。

つみたてNISAのルール

・毎年40万円を上限とし非課税期間は20年「20年 × 40万円」で最大800万円を非課税投資できます。

・対象商品は金融庁の厳しい基準をクリアした公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されております。

・買付最終年度は2037年となっております。2037年につみたてNISAを始めたら2056年までの20年間が非課税になります。

・20年目まで保有していた金融資産は翌年にロールオーバーは出来ませんので売却するか普通口座(特定・一般)に移管しなければいけません。

出典:金融庁(www.fsa.go.jp)

NISAとは違って自由な金額、時間では買付出来ません。証券会社によって金額の下限など異なりますが積立プランを設定しなければなりません。

・その年の投資枠の金額が残っていても翌年には繰り越せない。

・その年の非課税枠は復活しません。(その年に20万円分を積立し売却⇒使用した20万円分は復活せず残りの投資枠は20万円分のみ)

・途中で積立金額の増減、積立の停止・再開、保有資産の売却も自由に行えます。

・分配金の再投資は新規買付とみなされます。

つみたてNISA利用での非課税とは

・普通の口座(特定・一般)では投資で得た利益(売却益・配当金)には20.315%の税金がかかります。NISA口座では税金は徴収されなく売却益そのままもらえます。

・確定申告も不要になります。

つみたてNISA(非課税枠)使い方

・年間40万円を買付(積立)回数で割るため、毎月積立する場合(12回)は33,333円が上限になります。

・上記の条件がありますので2018年2月につみたてNISAを始めたら1月分の積立は使用できないことになり、2018年の投資枠は最大19年11か月となります。

NISAとは違って自由な金額、時間では買付出来ません。証券会社によって金額の上限・下限など異なりますが積立プランを設定しなければなりません。

出所:SBI証券

 

つみたてNISAのデメリット

・つみたてNISAでは個別銘柄は対象ではありません。

・NISAでは利益と損を相殺することはできない。例えば、

  • 特定口座で50万円の利益とつみたてNISA口座で50万円の損失(売却済み)が出た。
  • 上記の例でつみたてNISA口座は非課税対象なので特定口座との相殺が出来ず50万円の利益を得たとみなされ20.315%が課税される。

・つみたてNISAでは損失を3年間繰り越す損失繰越はできません。

・分配金は預かり金に入金され非課税枠の残り金額がなかった場合、再投資ができない。

つみたてNISAの金融資産を特定・一般口座に移すデメリット

・20年間の非課税期間が終わった時など、金融資産をつみたてNISA口座から普通口座へ移管したらその時点での時価が取得単価として更新されます。

・その時金融資産が値下がりしていた場合の例、

  1. 100万円から50万円に値下がりしたETFを普通口座へ移管した。
  2. 移管後、50万円から100万円に価格が戻ったので100万円で売った。
  3. 50万円で買ったことになっているので利益50万円を得たとみなされ20.315%が課税されます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 

つみたてNISA利用があっている人

  • 個々の金融商品(個別銘柄)分析する時間、手間をかけたくない人
  • 現時点でまとまった資金が無いが毎月少額を積立できるので無理がかからない
  • NISAよりも長期間運用が行えるので過去のデータ(パフォーマンス)を反映できる(短期的なブレに惑わされない)

個別銘柄を分析でき選択できればリターンが見込めることはありません。近年はETF活用のインデックスファンドのパフォーマンスが市場を凌駕しているデータが認識されています。

まとまった資金が無くても手数料が安く分散投資で20年間運用できれば市場の成績より平均以上になる可能性が高い為、「つみたてNISA=初心者用でリターンが少ない」ということはありません。

つみたてNISAおすすめ投資信託(ETF)

・運用期間が20年となると信託報酬が安いほうが良い。年間積立36万円(月3万円)、年率リターン5%(報酬抜き)で比較すると

  • 信託報酬0.1%:20年間の総資産:「1219万円」、運用収益は「499万円」
  • 信託報酬0.5%:20年間の総資産:「1164.4万円」、運用収益は「444.4万円」
  • 信託報酬1.0%:20年間の総資産:「1100.3万円」、運用収益は「380.3万円」

信託報酬0.1%と信託報酬1.0%の差は「118.7万円」も違います。

・今から運用期間が20年となると○○ショックが起き大幅下落の可能性が高いと思われます。20年間の長期運用は損をしないことが大事になります。そこで投資するには世界に分散したほうが市場よりもリスクが低い可能性があります。

おすすめ投資信託(ETF)

・eMAXIS Slim先進国株式インデックス

MSCIコクサイトータルリターン(2008年より):5.11%、信託報酬:0.11%

出所:三菱UFJ国際投信PDF

MSCIコクサイに連動し、世界分散投資ができ信託報酬が約0.11%と激安です。また分配金は出ない為自動的にeMAXIS Slimに再投資されムダがなくなります。

eMAXIS Slim先進国株式インデックスは最近設定されパフォーマンスが比較できません。MSCIコクサイと連動しているということなのでそのパフォーマンスを記述しました。

ご参考になれば幸いです。

NISAとは? メリットとデメリット

2014年1月にスタートしたNISAと2018年に新たに始まった長期投資(20年)の積立NISAがあります。 この2つの少額投資非課税制度はどちらか1つの非課税制度しか利用できません。さらに1人1口座 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-投資基本

Copyright© バリュー投資の館 〜銘柄・市場分析からの価値取得〜 , 2019 All Rights Reserved.