投資基本

NISAとは? メリットとデメリット

更新日:


2014年1月にスタートしたNISAと2018年に新たに始まった長期投資(20年)の積立NISAがあります。

この2つの少額投資非課税制度はどちらか1つの非課税制度しか利用できません。さらに1人1口座のみしか申請できません。(1年ごとに取引する口座を変更できる。)

どちらを利用すれば良いか悩ましいですがここでは「2014年1月にスタートしたNISA」について説明します。

ご参考になれば幸いです。

NISAの概要

NISAとは

・2014年1月にスタートしたNISA(ニーサ)とは、イギリスのISA(アイサ)をモデルに作られ国民の銀行預金や貯金を投資に使ってもらうことを目的に、年間120万円以下の投資で得た利益が5年間非課税になる制度です。

NISAのルール

・2014年、2015年の「非課税投資枠」は100万円までとなっていたが、2016年から2023年(買付可能最終年度)までは120万円までとなっています。

・最終年度2023年に買い付けた金融商品は2027年までの5年間が非課税になります。(それ以降はロールオーバーが出来ない。)

・2016年度からは「120万円 × 5年間」で最大600万円の投資額が非課税になります。

・その年の投資枠の金額が残っていても翌年には繰り越せない。

・NISA口座は1人1口座(金融機関の変更は希望する年の前年10月1日から、変更する年の9月30日までに手続きを行えばよい)

・配当金の受け取りは株式比例配分方式にしないと課税される

・5年間保有した金融資産は以下の選択肢があります。

  • 売却
  • 従来の特定口座や一般口座に移す
  • 保有している金融資産を翌年の非課税投資枠に全額移管でき、さらに5年間保有できる(ロールオーバー)

※ロールオーバーにより最長の10年間保有できる年は2018年の非課税投資枠を使用した場合です。(最終年度:2023年の非課税投資枠に移す)

出所:SBI証券

 

出所:金融庁

 

NISA利用での非課税とは

・普通の口座(特定・一般)では投資で得た利益(売却益・配当金)には20.315%の税金がかかります。NISA口座では税金は徴収されなく売却益そのままもらえます。

・確定申告も不要になります。

・例えば、120万円分の株を買って1200万円で売った場合、売却益1000万円が非課税になりそのままもらえます。

米国株(ADR以外)の配当金のみは10%の税金が徴収されます。またNISA口座では外国税額控除を受けることはできません。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

NISA(非課税枠)使い方

・1つの銘柄の株を上限120万円分一括で買う事ができる。

・限度額120万円を利用した非課税枠は再利用不可。(その年に使用した120万円のうち60万円を売却⇒その年に60万円は復活できない。合計120万円を超えてしまう為)

・年度内に合計120万円以内ならどんな買い方をしても良い。

  • 金額の分割(1回目:30万円、2回目:10万円、3回目:80万円を使用する)
  • 同じ株を買った時の保有一覧の表示は、銘柄1つの平均取得単価が表示される。
  • 時間の分割(1月に30万円、6月に10万円、12月に80万円を使用する)
  • 取り扱い可能な金融商品の分割(日本株に30万円、外国株に10万円、投資信託に80万円を使用する)

 

・毎年120万円の非課税枠が追加され前年とは別に限度額120万円を自由に利用できる。

 

NISAのデメリット

・NISAでは利益と損を相殺することはできない。例えば、

  • 特定口座で50万円の利益とNISA口座で50万円の損失が出た。
  • 上記の例でNISA口座は非課税対象なので特定口座との相殺が出来ず50万円の利益を得たとみなされ20.315%が課税される。

・NISAでは損失を3年間繰り越す損失繰越はできません。

・NISA口座では信用取引はできません。

・配当金は預かり金に入金され非課税枠の残り金額がなかった場合、再投資ができない。

再投資するには自動で再投資されるETFや分配金再投資の投資信託を選択する必要があります。

 

NISA株を特定・一般口座に移すデメリット

・5年間の非課税期間が終わった時など、金融資産をNISA口座から普通口座へ移管したらその時点での時価が取得単価として更新されます。

・その時金融資産が値下がりしていた場合の例、

  1. 100万円から50万円に値下がりした株を普通口座へ移管した。
  2. 移管後、50万円から100万円に価格が戻ったので100万円で売った。
  3. 50万円で買ったことになっているので利益50万円を得たとみなされ20.315%が課税されます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 

NISA利用が合っている人

  • 個々の金融商品(個別銘柄など)を選択できる人
  • 複数の金融商品を保有したい人
  • 金額、時間を自由に利用して金融商品を保有したい人
  • リスクをとって値上がりしそうな個別銘柄や金融商品を保有したい人(ギャンブル要素)

NISAは5年と投資としては短い期間に入ります。ロールオーバーで10年保有する考えもありますが、5年以内に値上がりしないと売却するかそのままロールオーバーを選択しないとデメリットが発生します。

値下がりしたらデメリットが大きいので値下がりしない金融商品を選ばないといけません。その為にはある程度の分析ができる人やリスクを許容できる人が向いていると思います。

NISAではIPOも利用できます。IPOに当選しないといけないが利益幅が大きいので魅力的です。

いずれにしても銘柄分析ができる人向けだと思います。

ご参考になれば幸いです。

つみたてNISAとは? メリットとデメリット

2014年1月にスタートした「NISA」とは別に長期投資(20年)用の「つみたてNISA」が2018年からスタートしました。 この2つの少額投資非課税制度はどちらか1つの非課税制度しか利用できません。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-投資基本

Copyright© バリュー投資の館 〜銘柄・市場分析からの価値取得〜 , 2019 All Rights Reserved.