市場 市場動向

月間イールドスプレッド 9月末

投稿日:


5月末ごろにイタリアの10年債が大きく売られる場面がありました。その理由として、イタリアの政治問題。

イタリアでは、ポピュリズム政党の「五つ星運動」と反移民を掲げる「同盟」が連立政権樹立に向けた政策で合意したものの、2党が選んだユーロ懐疑派の経済財務相候補の起用をマッタレッラ大統領が拒否し、ポピュリスト2党の指導者は組閣を断念した。その後、大統領からコッタレッリ氏が新首相として指名されました。

しかし、大統領とポピュリズム2党の対立色が強まったことで、再選挙の可能性、それに伴い、ポピュリズム政党が勢力を一段と拡大させる懸念も強まり、市場ではリスク回避の動きが強まりました。

今日、ブルームバーグのニュースでは、ポピュリスト政権が財政赤字について欧州連合(EU)に譲歩すると報じられています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-市場, 市場動向

Copyright© バリュー投資の館 〜銘柄・市場分析からの価値取得〜 , 2019 All Rights Reserved.