四半期

フィリップモリス 【PM】2017年3Q

更新日:


・3Q 2017年10月29日開示

 

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 

・IQOSの成長

  • 31市場の主要都市でIQOSを開始
  • 大人の消費者は既に3700万人が喫煙をやめてIQOSに切り替えている

・紙巻きたばこの売上が各セグメントで減少していますが加熱式タバコは著しく上昇しています(特にAsia:セグメント売上の30%が加熱式タバコになっている)。下記に比率を記述します。

・EU:前期比5倍

・EEMA:前期比10倍

・Asia:前期比4.3倍

・Latin America & Canada:ほとんど影響なし

・グラフより2016年2Qから2017年3Q現在の加熱式タバコの成長率は平均51%になっています(2016年1Q~2Qは異常値ととらえ考慮していません)。

・グラフの青文字は総売上の比率で全体の12.7%まで成長しています。

加熱式タバコだけで見ていくと・・・

・50%で成長していくと僅か4四半期経過で総売上の64%に到達する予定です。

・30%の成長ですと6四半期で総売上の61%に到達する予定です。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

3Q 結果

・2017年3QはIQOSの成長が好調で売上が前年・前期比とも約7%の上昇になっています。また2017年のEPSを4.75ドルから4.80ドルへ上方修正しています。

・それでも紙巻きたばこの需要が減少しており2016年のEPS:4.48ドルは超えない見通しを立てています。

・紙巻きたばこの減少をIQOS(加熱式タバコ)の上昇がカバーして9か月推移トータル3.8%になっています。2016年度各四半期の純利益とほぼ同じなので2017年は予定通りの業績だと思います。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-四半期

Copyright© バリュー投資の館 〜銘柄・市場分析からの価値取得〜 , 2019 All Rights Reserved.