基本

仮想通貨リップル【XRP】を取引するなら!! おすすめ口座 【bitbank.cc(ビットバンク)】

投稿日:


先に説明しておくとビットバンク株式会社が運営している仮想通貨口座は「bitbank.cc 」と「bitbank Trade」の2つがあります。URLに注意し口座開設を行ってください。違いは以下になります。

・bitbank.cc:

・今回紹介するbitbank(ビットバンク)の取引所は、「bitbank cc(ビットバンク)」と名前とURLにも「cc」が付いています。

・ビットバンクが運営する取引所です。顧客は、ビットコインやライトコイン等の仮想通貨の現物取引ができます。

・bitbankTrade:

・bitbank(ビットバンク) Tradeの場合、「bitbank Trade」と名前とURLに「Trade」が付いています。

・顧客は、香港のOKCoinで取引します。すなわち、bitbank Tradeは、OKCoinで取引するための窓口となります。また、現物取引はなく、ビットコインで先物タイプのレバレッジ取引ができます。

・FX(為替取引)のようにレバレッジをかけるので、損失が資産以上になり、借金を背負う可能性があります。仮想通貨はボラティリティが大きく安定していませんのでレバレッジをかけた取引はお勧めしません

bitbank.cc(ビットバンク)の特徴

取引通貨・手数料

ビットバンクではビットコイン【BTC】のほかに5種類のアルトコインが取引形式で購入できます。また現在はキャンペーン中により全ペアの取引手数料はかかりません。

ツール

bitbankでは、世界で親しまれ100を超えるテクニカル分析が使える「TradingView」を採用しています。

チャートの画面は標準でロウソク足になっていて、見やすくなっています。

トレンドラインや一目均衡表はもちろん、通貨ペアの比較分析も可能です。

それらのテクニカル分析を同時に使っても動作が軽快です。

この「TradingView」はオリジナルサイトに行くと株・ETF・債券までも表示できる高機能ツールです。

セキュリティ

ビットバンクは、「二段階認証」などの基本的なセキュリティはもちろん、ホットウォレットには自己資産のみの運用となっていて、ユーザーの資産をすべて「コールドウォレット」と呼ばれるオフライン環境のウォレットに保管しているため比較的安全です。以下にビットバンクのセキュリティを記述します。

  • 2段階認証
  • 携帯SMS認証
  • マルチシグネチャを採用
  • コールドウォレットに保管・管理し、ハッキングを防止

注文

注文には「成行」と「指値」があります。

・成行注文:注文ボタンを押したタイミングで取引できます。注意点は価格の変動で想定していない値段で取引が約定する可能性があります。また、価格変動に対応する為、1回の取引金額は資産の70%が上限になっています。(成行注文だけで資産全部を使うためには複数回注文しなければいけない。)

・指値注文:あらかじめ取引する価格を予約しておくシステムです。注意点は取引が確定(約定)しない場合もあります。指定価格で売る人がいなければ取引は成立しません。

ウォレットなどに送金手順

①入出金画面に行き、送金したい仮想通貨の「入出金」ボタンをクリックします。

②「引出」をクリックし「アドレスを追加」ボタンをクリックします。

③ポップアップが出ますので、「新規追加」ボタンをクリックします。

④下記の画面に変わりますので各項目を入力し、「追加」ボタンをクリックします。

⑤「送信」ボタンをクリックしアドレス追加完了です。

⑥上記で作成したアドレスを選択し、引出数量を記入し「引出内容を確認」ボタンをクリック。

最後にこの内容で問題がないかどうか登録メールに「メール認証の通知が」届きます。そのメールに記載されているURLをクリックして「送金確定」となります。

まとめ

「bitbank.cc」はセキュリティの面では他の仮想通貨取引所より安全になると思います。また、3月31日までは全通貨の取引手数料はかかりません。

「bitbankTrade」の方と間違わないように注意して口座開設や取引を行って下さい。

ご参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-基本

Copyright© バリュー投資の館 〜銘柄・市場分析からの価値取得〜 , 2019 All Rights Reserved.